FC2ブログ
2008
07.21

本日三連休最終日です時間限定サービス☆★

Category: 未分類
こんにちは

SGCselection通信です


本日三連休最終日です
みなさんはいかがお過ごしですか

今日も暑いですね
只今の気温なんと
35℃ですよ35℃
結構みなさんから動けないという方もいらしゃるのではないかと思うのですが

桜宮ゴルフクラブでは本日のような猛暑日に時間限定
(都島区内am6;30発表天気予報が35℃の場合)
がつんとしょっぱい熱中飴サービスを実施いたしております
平日13:00~17;00
休日10;00~17;00

熱中飴とは

発売元の井関食品株式会社のお話

熱中飴を開発することになったのは、ある建築会社さんから依頼されたのがきっかけ。
工事現場では特に熱中症対策が叫ばれていて、1日に数リットルの水と塩を持たせて塩を舐めながら水を飲むということを徹底させているとのこと。気分転換も含めて楽しく塩分を補給できる補助アイテムを希望されていた。そこで、もともと発売していた「石垣島 塩の飴」を土台に塩分量を増やして建築会社でモニター調査をしたところ、最終的に10倍程度の塩の量が必要だとわかった。塩辛くて食べられないという心配もあったが、クエン酸とレモンの香りで食べやすく工夫し、「熱中飴」が完成した。これだけ塩を飴に入れるのは勇気が要ったが、共同開発で試行錯誤を重ねた結果、おいしく塩分が取れるこの飴が誕生したという。発売後約1カ月の現在、既に反響は大きいという。

オススメの食べ方はまさにパッケージのとおり。4粒でスポーツドリンク1リットル分と、かなりの量の塩分が入っているため、水分も一緒にとると効果的らしい。目安はコップ1杯程度の水分と熱中飴1粒。ちなみに熱中症になってしまった場合は、1リットルに対して1%(10g程度)の濃度の食塩水が必要と言われている。熱中飴は治療には向かないが、予防として効果的といえるだろう。

夏の暑い時期は、知らず知らずのうちに水分だけでなく塩分も失われているという。炎天下だけでなく室内でも水分補給はしたほうがよい。そしてそのお供に「熱中飴」を補給してみよう。ガツンと塩からすっぱいこの飴で、厳しい残暑も元気に乗り切れるはず。

気になられた方是非桜宮ゴルフまで
個人的感想
初めての味でしょっぱいです
普段目にすることない飴ですのでとても珍しいとおもいました



back-to-top