FC2ブログ
2013
05.09

オーストラリア 2

Category: 未分類
今日はあまりの暖かさで、ヒートテックともついにおさらば

どうも、コバヤンです
なんせ寒がりなもんでようやく春が来たって感じですね


前回のオーストラリア旅行の続きでぇ~す


朝は散歩がてらモーニングへ
ジョギングをしてる人が多いですね、風が気持ちぃ


DSC06447 (500x375)
DSC06459 (375x500)
DSC06464 (500x375)

朝でも紫外線がとても強く日本の7倍もあるみたいです
オゾン層が薄いんだろうなっ

DSC06452 (500x375)


クロワッサンにアボガド、チキン、チーズのせてトースト
これは帰ってから作れそう


この日はキュランダ村に行ってきました
キュランダは、ケアンズの北西約20キロ、車で約30~40分の所にある
ケアンズ郊外の代表的な観光地
ケアンズ観光では、海のグレートバリアリーフと並び、山のキュランダとして、
特にスカイレール開通後は人気を集めているんだそう

人口は700人程度といわれている小さな村ですが、ケアンズにある二つの世界遺産の一つの
世界最古の熱帯雨林が楽しめることでも有名なんです


行はスカイレールでキュランダへDSC06497 (500x375)

世界2番目に長いケーブルと言われてるんですが、世界1と言われてるのが
なんと

日本の新潟県にある苗場スキー場のケーブルなんです



建設の時には森林の形状をそのまま活かすことを大前提として、
貴重かつ絶滅の危機に瀕した生態に絶対に影響を与えないことを、第一条件で
計画されてたんだとか
そのためヘリコプターで支柱を運んで工事をし、従業員は片道1時間かけて歩いて
現場まで行ってたみたいです


DSC06499 (500x375)
妹ですが似てるとよく言われます
もう1人いるんですけどね


DSC06501 (500x375)
DSC06523 (500x375)

DSC06514 (500x375)

途中下車をして熱帯雨林を散策

DSC06532 (375x500)

謎の植物発見

DSC06572 (375x500)




キュランダ村ではまた動物園に連れていかれた(笑)
昨日も行ったんですけど....

ここでは水陸両用のアーミーダックに乗り熱帯雨林を散策
ワニがいそうな雰囲気でしたが、コーヒー農園を改装して作った川だから
大丈夫とガイドさんが言ってた

DSC06570 (500x375)

DSC06575 (500x375)

ディズニーのアトラクションみたいですね



DSC06553 (500x375)

アボリジニーがやってきた、どうやら槍投げの練習が終わったみたい



ランチはキュランダ名物のホットドッグ

DSC06585 (500x375)
DSC06589 (500x375)

フランスパンが少し柔らかくなったパンにジューシーなソーセージ



そしてこちらアイスクリーム屋さん
サンタさんみたいなおっちゃんが、日本語でギャグを連発
おもしろかった

DSC06595 (500x375)





DSC06604 (375x500)

カフェで一休みしたり


DSC06583 (500x375)

マーケットにいったり


のんびりと過ごしてました



帰りはキュランダ鉄道でケアンズまで帰りました


日本人なら誰もが知っているあのTV番組『世界の車窓から』のオープニングを
10年間勤めていたのがこのキュランダ高原列車
この鉄道は、驚くべきことに全てがつるはしとショベルを使っての
手作業で19世紀後半に作られたそうです


道中にはバロン滝や15ものトンネル、180度のヘアピンカーブ、
高台から見下ろすグレートバリアリーフ等々見所が満載でした


DSC06659 (500x375)
DSC06655 (500x375)
DSC06662 (375x500)

バロン滝の前を通ると車内は拍手喝采

DSC06612 (500x375)
DSC06616 (375x500)
DSC06624 (500x375)

レトロな車内はテレビで見覚えがあるある
時速30キロで2時間かけてかえりましたが、壮大な景色をみるのが楽しくて
なんとか眠らずにケアンズ駅に到着



夜はシーフドを堪能

DSC06694 (500x375)

シーフードプラッター
これで2人前

DSC06697 (500x375)
DSC06695 (500x375)


牡蠣がここ最近大好きになったので、生牡蠣にもチャレンジ
これが1番この旅で美味しかった

酔っぱらってしまいこの日の夜は、バタンキュウ―でした


次回に続く......

ではまた
back-to-top