FC2ブログ
2011
03.24

六甲国際ゴルフ倶楽部

Category: 未分類
朝、ゴルフ場について
キャディさんに挨拶その雰囲気で解る。
出来る人か。出来ない人か。

プロなんやから。支払いしてる以上
と思う。出来て当たり前。
そう思うのは私だけでしょうか?

スタートまでキャディさんとちょっとおしゃべり。
「スタジオアリス中止決定なんですって・・・」
「ええーーー。大ショック
あたしってやっぱり花屋敷よかわコースとは縁がない。
何度エントリーしても中止になったり行けなくなったりつづきで
コースを見たことがない。
・・・ので今回はトーナメントで見に行こう!
と決めてたのに。ショックだ。
知らない間にヤマハオープンも中止が決定してた

サントリーオープンは?六甲国際は?大丈夫・・・
6月には落ち着いてるか・・・

すっごいしゃきしゃき。てきぱき。
A型ですか?「はい。わかる?んかな・・・」
けっこういいかげんなA型やのに。
白が好きなんですか?「え?あ、はい・・そうです?」
「いえ、色選ぶのめんどくさいからなんでも白になってきました」
そういや。道具全部、真っ白や・・・いつのまにか・・・
好きなんかな~。あたし。はて?


確かに。
セルフスタイルが多くなってキャディの需要も少なくなって
育たない。のも、解る気はする。

そういう点では、トーナメントコースでの
キャディ付きラウンドは結構、確率高く納得できるように思う。

クラブの渡し方、扱い方、選択、タイミング
しゃべり過ぎず、黙り過ぎず。
相手がどうしたいか。どうされたいか。

あかん。どうしても仕事目線で、
サービス業の人を見てしまう癖がある。
いやいやこれは、自己反省材料。
人の振り見て我、振り直せ。勉強。勉強。

空気は冷たく寒いながらも日差しがあり、
素晴らしいコースで、素敵なメンバーとのラウンドを満喫しました
ブログ8 001
(東コースIN15)青空も春めいてきた?気配を感じる

最悪なのは私のゴルフだけです
とほほほ・・・

関西練習場連盟加盟の練習場とそのショップの親睦コンペ。
上手くない人がいるわけがない。
みんな上手~~~~。なんですね。
開き直りが大事。
私はブログネターとあっちいきこっちいき。梅がきれいです
ブログ8 004

これは、とっとかんとあかんでしょ?
ブログ8 003
ちなみに、私はワンオン3パット・・・・
ブログ8 002
プレートの写真撮ってたら。そら、自分はいらなあかんやろ?
と、三木市にある練習場ガーネットゴルフクラブの副支配人が
撮ってくれたんやけど・・・
私入れたら、プレートの文字がちっちゃくなってしまって。
なぁーんも見えん
ので、上に撮り直したわけです

前日あまりにも練習してない。ゴルフしてない。
(人よりはしてるだろうけど。かなり私の中ではしてない)
・・・・ので気になって。
夜、練習しました。案の定。
ぺちっ。ぺちっ。右へ・・・はぁ。やっぱり
今年から何故か練習場でシャンク病。
なので練習する気にならない。足が遠のく。

仕方がないので、ハーフスイングにもどりやり直し~
後ろの打席では松木プロJrが「どっしゃーぶっちゅー」と
豪快な音で芯くって飛ばしてる。耳だけ傾く。
「くそー。むかつくー。あたしより22年もあとで産まれてるくせにー」
などと訳わからん理由で腹立つ。

Jr「なぁなぁ。しょうちゃんそれおかしーでー」
「あんたに聞いてないやろ
Jr「なぁしょうちゃんゴルフいこーやー」
「いや。」

ひたすら、冷たい。私。

しばらく打ってると松木プロが打席に降りてきた
Jrの後ろにいくとおもいきや、私の後ろに立って・・・座った。
「あ~~~~ん。見ないで~~~」ひどいから・・・
内心つぶやいた。

毎年ながら・・・春3月にはゴルフを止めようと思う。
こんなに悔しいなら、やめてやる!!!大っきらい!
これが5月くらいまで延々つづく。

「面はいいから。リスト強すぎるだけやから」
「ゆるゆるにして後ろ上げて前へ出すだけ、なんもせんでええ。」

「それができへんねん。わからんねん」
たぶん情けない顔して今にも泣きそうやったと思う。

でも、アイアンだけなんか掴んだ。ちょっともどった。
ちゃんと番手通り飛んでる。
すごい!先生!「あ~り~が~とぉ~~~
毎年同じとこ繰り返してる気がする。進歩はない訳?
ベストスコアは毎年更新出来てるけど。
いい時は短い。6月中旬から9月中旬まで。あとは・・・さっぱり。
これが私のサイクルなん?もうややーーー

体中が痛い。へんな打ち方してるから。
調子がいい時は右股関節だけが痛ダルくなるだけ。
夜は体緩めにクーリングダウンしにトレーニングへいこう
それから、反省会もしよう(練習)
そうして・・テンションあげてくしかないか・・・
やっぱり。続けんねンや。ゴルフ。ははは・・・

              では、また by.chief





back-to-top