FC2ブログ
2012
01.14

北海道

Category: 未分類
・・・・に、GOLF!!・・・な、訳はなく
今更、SKI・・・ってな元気もなく

ぼんやり。休憩とお正月?に行きました。

1月10日の週なんてどこもごっつい暇で。
サービス業の人は疲れ果てて。
申し訳ないが、サービスを受ける側になりに行きました。

北海道は特に正月明けて、雪まつりまで
穴場です

なんとかして、安くでいこう
と言う私の魂胆は・・・

スカイマークエアラインに目がとまり
一か八か、飛んでやれ
と、予約。

神戸空港から千歳空港まで片道11500円
安い~~~~びっくり~~
北海道が近くなった思いで一杯でした

しかし。
口コミ通り。
離着陸場所は、空港のいつも一番はしっこ。すみっこで。

DSC01985.jpg
もうすぐ朝日が昇ります
奥に海が見えて、船も行ききしてます
きれいな朝でした

乗る時、降りた時は、けっこう歩きます。
で、タラップが付かない場合もあり。
飛行機と同じ場所を歩いて、空港内に入って行きます
(ま、これはハブ空港だったり、海外ではよくありますが・・・ね)
ドリンクサービスはなく。
販売で回ってきますが、これで十分です

制服はポロシャツに、ブルゾンでラフです
必要以上の笑顔はありません。
さっさと仕事をこなします。

シートのピッチは普通のエコノミーと一緒でした

で、安くていい~~完全にいい~~~(笑)

神戸空港も初めて行きましたが
ちっちゃくてコンパクトで無駄がなくていい。
飛行機乗る人には搭乗者割引があって。
チケットを空港に持ち込んで割引処理をしてもらいます
24時間無料です
以降、24時間1000円。安くていいわぁ~。

北海道便は朝7時半フライト
帰りは千歳から19時フライト
1日フルに使えます
これがANAやJALだったら朝一番とか最終とか
めっちゃ中途半端TIMEで。
いい時間とると、割増割増しで
ごっつい高くなる

私はきっとスカイマーク愛好家になるでしょう(笑)
DSC01992.jpg
空港って大好き
どこにでも・・・羽が生えて、飛んで行けそうに・・・思えるから。
はははは

さて、そんな訳で飛んだら、すぐ付きました。
もう雪の世界です
異空間、それだけで非日常なことに大満足です
今回の旅は交通機関は列車車窓から雪景色をたっぷり見る事

千歳空港から快速エアポートで1時間で
大、大、大好きな小樽へ
DSC01998.jpg
列車のすぐ横はもう海ですよ~

山をおりて今は札幌に住む20年来のどさんこ友人と小樽駅で待ち合わせ。
鱗友市場へ。

うおー道路が広くなってる~
陸橋がなくなってる~
などと、昔を振り返り。

「今はもう・・・鱗友では地元の人は買わないよ~南樽、南樽」
ってタクシーのおっちゃんに言われながら(笑)
ええねん。食堂のんのんで、海鮮丼食べたいねん。
と、行きましたが、結局まだ正月明けで入荷が少ないらしく
あてにしてた小樽丼は食べれず
DSC02004.jpg
カニ&いくら丼と熱燗で、がまん。

市場も商品が少なく がら~~~ん、し~~~んっ
寂しい~~~
DSC02006.jpg


「おっちゃん、たらば美味しい~~~~?」
DSC02070.jpg
大きさは両腕で抱える位。
「高いよ。美味しくないよ。」
「ええええーっ?」「なんでぇ?」「美味しくないなら安くして」

たらばちゃん、この時期は脱皮、時期らしくて身が柔くなってるんだって
「やめときー」ってちょっとおっちゃん、おっちゃん。
今夜何食べんねん。もぅ~

今夜は妹の住むニセコまで行って鍋の予定。
いくらも買って、朝ごはんの島ほっけの一夜干しも買って。
イカの姿、沖漬けを欲しそうに・・・眺め・・・といたら
市場のおっちゃんくれるやろうと。

・・・最後にほうりこんでくれました。
「入れとくわ~欲しいんやろ~~~?」
「うんっ」大成功

大きな発泡スチロールを抱えたまま、お気に入りCAFEのある
北一ガラス本店へ

DSC02009.jpg
古い古い倉庫を改装した歴史建築物で。
昔は、CAFE&BARだったんですが、今はレストランになっててちょっとショック

美味しいコーヒーと小樽ワインとでっかいでっかいシュークリームでよかったのになぁ・・
いい場所が、そのままでいつづけるのって、大変なんだよね。
きっと。

さて、
ニセコライナーに飛び乗り・・・また奥深い山へ・・・向かいます
DSC02023.jpg
また雪が降ってきそう
DSC02032.jpg
単線なので、狭~~~い(笑)
列車が埋もれそう・・・
ニセコライナーは高いので!ほとんど貸切状態(笑)
一番前のパノラマビューを独占ひひひ

DSC02040.jpg
1時間強で到着あぁあぁあ~もっと乗ってたいよ~
函館までいきたいよ~~と。
言いながら下車し。

妹の迎えでニセコヒルトンの温泉へ・・・
いっぱい温泉があるんですが冬場は雪も深いし。
ホテルでも源泉かけ流しのここは最高でした。
DSC02068.jpg

ロビーは真っ赤っか(笑)
外人さんばっかり~。日本じゃないみたい~~~。

そう妹のJrが産まれて1ヶ月たたので。
見、がてら遊びにきちゃったのです~~
DSC02063.jpg
ちっちゃ~~~~っ ハムスターの子供みたい?でした(笑)
手も足も服にはいっては、いません。
胴体部分に全て収納されてるサイズです

産まれて1ヶ月とちょっと。
で、家の外へ出るのは3回目?
で、温泉デビューですいいのかしら?ふふふ
幸せそ~~~に浸かってたので、いい。事にしました。

DSC02083.jpg
こんなかんじ。あ、アップしすぎた

DSC02079.jpg
これくらい?

DSC02082.jpg
ちいちゃい手

DSC02075_20120114122711.jpg
ふふふ

見てたらほのぼのするねー
私は妹、弟と5歳、8歳離れてるから
子供ン時は自分が親みたいに思ってる部分もあって
親もお姉ちゃん、たのむねー
なんてでていったりするもんだから
いっつも二人のおむつ変えたりしなあかんくて
めっちゃ、いややった。
ごはん食べさしたり
お風呂いれたり
面倒くさかった(笑)

でも今はほんまに、かわいいなぁ~と思える事が不思議

さて、一夜明けてのんびりし過ぎて慌ててまた、列車に飛び乗りました
ニッカの工場のある余市を過ぎて・・
小樽も過ぎて・・
小樽築港駅へ。
DSC02098.jpg
ローカルですが今夜は朝里川温泉へ行きます
となりの定山渓温泉は有名ですが私好みは、朝里川温泉にある宿
「くらむれ」です
DSC02225.jpg
なんだか気にって、何度となくおとづれています

料金設定がオールインクルージブでBARやCAFE
食事時のドリンクも全て、部屋の冷蔵庫もぶっこみ料金。(笑)

ワインも日本酒も北海道の美味しい地のものを揃えていて
なんだかいい、和モダンな空間です

ではちょっと紹介~~~~
DSC02182.jpg
入口、エントランス風徐室含めてこんなん2回つづきます
ここで、テンションあがります(笑)

あ、パンフレットやホームページではあんまりわざと見せてない。
そうなので、貴重な?写真ですよ~多分。

DSC02183.jpg
で、ロビー。広くはありません。こじんまり。

DSC02114.jpg
お抹茶とお菓子でチェックインし。

回廊を歩き全部屋作りの違う今日の部屋へ・・・
DSC02172.jpg

2DKでかなりゆったり。
DSC02120.jpg
障子を開けたら・・・
DSC02133.jpg
案の定、雪しか見えませんでした(笑)

DSC02116.jpg
ベットルームもゆったり。
作務衣もパジャマも着心地が良くて

DSC02121.jpg
隣の和室
DSC02124.jpg
床の間にアンティークの誂えが。

この部屋。北海道なのに?琉球畳(笑)
DSC02125.jpg
でも・・・こんな柄の入った琉球畳初めて見ましたよ~素敵です~

DSC02126.jpg
お風呂も天然温泉が引かれてます
で、窓を開けて入れます
石のお風呂もいいですね~

DSC02129.jpg
お香は2種類置いてくれてました

DSC02128.jpg
髭そりセット。散発屋さんみたい~~~

DSC02135.jpg
時計やアクセサリー入れもアンティークで素敵でした

DSC02131.jpg
これ・・・桐の手鏡と櫛が飾ってあるんだけど。
超デカサイズ櫛で30センチ以上の大きさ。オモシロイ

DSC02138.jpg
で、玄関です

夕食も朝食も別の所で個室でこれも全部屋誂えの違う
楽しめる工夫があり、食事前にお迎えに来てくれます

でも・・・その前に
お風呂へいきましょう

またまた回廊を歩き
DSC02141.jpg
ここまできたら、ラタンのソフアーとおっきい皮のイタリア製?
と、思われる椅子が置いてあります
香水がいっぱい置いててあって自由に使えます

DSC02147.jpg
で、露天風呂はつららごしに雪景色を楽しみます

誰も来ない~誰にも合わない~静か~幸せ~~~~鼻歌♪

で、お待ちかねのお食事は・・・

ホタテとふかひれの茶碗蒸し
DSC02156.jpg

白子と牡蠣の味噌クリーム小鍋チーズ仕立て
DSC02159.jpg
これは・・真似して家でやってみるべ。すごくおいしかった
同じ味になるかな?

氷頭なます
DSC02160.jpg
氷りの・・頭?なんだそりゃ?
鮭の頭だって。コラーゲン。すっごい美味しかったよ~
初めて食べた~~北海道ではメジャーなのかなぁ?

いつもながら、すごい量で、創作料理。器も素晴らしくて。
地酒の日本酒もワインもチョイスが良く大満足でした

DSC02185.jpg

食事後はBARとライブラリー&ミュージックルームをいったりきたり。
窓の外の雪景色をみながら
DSC02178.jpg
今夜は竹鶴さんのハイボールで。

音楽は・・
DSC02181.jpg
これに決めましたたまに聴くレコードのパチパチ音もいいね

面白い本もいっぱいあります
アンティークも、レコードも、本も
オーナーの趣味だろうなぁ・・・

BARのお兄さんが色々話ししてくれました

DSC02180.jpg

朝はまた違う部屋でお食事
DSC02191.jpg
地面より下へ降りた部屋に窓が上にあって
丁度地面が目線になります
こんな見方をしたらまた、別世界ですね

DSC02199.jpg
雪が朝日に照らされて生クリームのようです

立派すぎるほどの朝食をしっかり頂き・・・
またBARでCAFEをゆっくり頂き・・・

昨夜の景色も昼と夜では全くイメージが違いますね
DSC02205.jpg

斬新な茶室もあります
DSC02212.jpg

しっかり贅沢をしきって大満足で後にしました
再び小樽へ戻り(笑)札幌はどーもおちつかなくて。ね。
すっごい好きな街なんですよね~
なんでかな~

地酒を・・・数本買ったりしてるうちに。
やばいっお寿司屋さんがしまる~~~~~~~!!(まだ、食うんか??)
と、言われそうですが
そうそう。
GOLFするわけじゃない
SKIするわけじゃない
・・・となれば、何をしに来たって。
食べに来た訳ですよ。

こんな・・・入口ですが。
入口は2つあります(笑)
小樽の寿司や街から離れた稲穂と言う地区にある魚真(うおまさ)さん
昔っから大好きな店で
小樽へ来たら絶対立ち寄ります
DSC02237.jpg

すっごい繁盛店で。
広い店内はいつも一杯でした
若かった私が行ってたわけですから無茶苦茶高い訳でもなく
北海道らしく旨いんです

観光客は少ないかな~
地元が多いかも。

職人さんはみんな真面目でひたすら握ってます
DSC02235.jpg
ほっき貝に八角も久しぶりにいただきました

DSC02236.jpg
いかは、函館の方が有名だけど小樽でもおいしいよっ

さんざん食べて帰ります
DSC02241.jpg
はいまた、すぐ来ます

DSC02252.jpg
千歳へ向かう列車からの海も雪も空も美しかったです

DSC02254.jpg
食べたかったら・・・家へ遊びに来て下さい(笑)
トド、エゾシカ、クマの肉の缶詰めに・・・

DSC02256.jpg
日本酒は全部で6本。試飲もOKです
左から2本目、クマコロリという名前のお酒
さすがにワインはもう・・・買えませんでした

他にも家BARできるくらい美味しいアテがあります(笑)

仕入れにいってきたんか。
と言われそうです

これで私の正月は終えます
暴飲暴食をやめ健全な生活を始めます・・・と思います

また雪がとけたら
スカイマークで北海道いこうかなぁ

うわっエライ長い
こんな長いブログ読んでくれはる人おるんかなぁ(笑)
すいません・・・

そろそろGOLFモードに戻します
さて、土日、ちょっと冷えてますね
雪がない冬は寒いっ

今日も朝から沢山、お客様来て頂いてます
ありがとうございます

遼君も頑張ってるかなぁ~2日目?だよね?

また明日 by.chief












back-to-top